ももいろクローバーZ無印時代の直筆サイン入生写真、アルバムを宅配買取

2015年11月30日

モモノフの皆さん、凄いものを買取させて頂きましたよ!

 

まずはこの写真をご覧ください。

 

2015-11-29 11.37.07

 

2009年2月、番号1番のももいろクローバーZじゃない、ももいろクローバーの生写真に全員のサインがあるものです。

 

メンバーは有安杏果がおらず、早見あかり、柏幸奈がいます。

 

サインも初々しく、サインというより、名前をひらがなで書いています。

 

しゃれたつもりか、「かなこ・ももた」「しおり・たまい」「さやか・ささき」「れに・たかぎ」などと書いているのがかわいいです。

 

ももクロのメンバーはみんな普通っぽいところがいいところだったりしますが、この写真を見る限り、みんな素材は抜群にいいですね。

 

こんなにかわいい中学生はなかなかいません(笑)

 

 

2015-11-29 11.37.14

 

一緒にサイン入のアルバムも買取させて頂きましたが、そちらにあったサインはこんな感じ。

 

今と違いますか?

 

夏菜子だけももたかなこです。

 

まだサインがなかったのかな?

 

そしてこのアルバムの表紙はこちら。

 

2015-11-29 11.37.20

 

よく見てください。

 

MoMoKuroとなっています。

 

現在はMCZとよく言うように、Momoiro Clover Zですが、この頃はクロはKUROと表記していたみたいです。

 

 

ももクログッズ買取クローバーZとしてはかなりの高額で買取をさせて頂きましたが、実はモモノフ仲間に話をしたところ、是非譲って欲しいということで、そのまま埼玉県に送ってしまいました。

 

それにしても・・・・興奮しましたよ。

 

 

ももクロの初期のものには高価買取ができるものが多々あります。

 

買取のご依頼をお待ちしています。

ベビースターラーメンにチームしゃちほこパッケージ登場!

2015年11月20日

コンビニのお菓子コーナーにこんなのありました。

 

チームしゃちほこ ベビースターラーメン

 

チームしゃちほこのきしめん味ですよ。

ベビースターラーメンを作っているのは三重県の会社「おやつカンパニー」ですので、もしかして名古屋の方だけの販売でしょうかね?

ある意味、貴重?

 

チームしゃちほこのオリジナルシールがついています。

 

ちなみにパッケージは2種類。

その隣に並んでいたベビースターラーメンはなんとノンスタイル井上のまいにちポジティブでした。

2015-11-14 07.52.52

ありやスクリーンに行ってきたでありやす!

2015年11月12日

企画力のスターダスト。

おもしろければやるももクロ運営。

 

今回ものりでおもしろいからやって見ようと企画されたとしか思えない月刊TAKASHIのライブで有安杏果しか映さないというライブビューイング。

チケット申し込みの注意書きには、他のメンバーが映り込むことがありますと書いてある念の入れよう。

いやぁ、正直言えば高城れによりの百田夏菜子推しなんですが、今回だけは有安杏果推しにさせてもらおうと行ってきました。

 

まずもって驚いたのは109シネマ名古屋のロビーが緑のパーカーを着た人だらけだったこと。

ありやスクリーン 名古屋109シネマ

 

私は勝手に全体を映すライブビューイングもあると思っていたのですが、どうやら109シネマ名古屋ではありやスクリーンしかなかったようです。

へぇ~とまずは感心。

更に驚いたのは4、5、6と3つもスクリーンを使っていたこと。

人気ありますねぇ、今更ながら感動です。

 

ありやスクリーン 名古屋109シネマ

 

開演は18時でしたが、開始の5分ほど前でしょうか、突然、スクリーンにiPhoneで音楽を聞きながら歌をうたっている杏果の姿が映しだされました。

どうやらステージの袖のようです。

その周りをスタッフが忙しそうに歩きまわり、メンバーが通りすぎています。

 

はっきりいって、超お宝映像です。

DVD、Blu-rayの特典としてライブのはじまる前の様子が収録されていることはありますが、生中継ということで当然編集もなく、文字通り生々しい。

 

杏果がアップばかりですが、一瞬、夏菜子らしい姿が見えたり、れにちゃんがいたり。

ライブの陰ナレがはじまっても、スクリーンは杏果を映し出しているのみ。

まわりでも、もしかしてステージって幕があがってはじまっているのかなぁ、なんてささやき声が聞こえるほど。

 

ライブは杏果よりの構成で、杏果がメインとなることが多い曲、ソロ曲などがあって、完全に杏果の日。

ライブ中ももちろん、杏果しか映し出していませんので、杏果のキレのあるダンスをたっぷりと楽しむことができました。

欲を言えば、全体の中での杏果のダンスも見たかったので、もう少し引いた絵もあって良かったかなと思えましたが、企画としては大成功。

以後はれにスクリーン、しおりんスクリーン、かなこスクリーン、あーりんスクリーンもやって欲しいところです。

DVDもジャケットが違うだけでなく、それぞれだけが映っているだけというのも出して欲しいですね。

ゼッタイ見たい。

特にれにちゃんは、他のメンバーがアップで写ってないところでも、相当全力ダンスをしていそうなので、見てみたいです。

DVDだったら、ワイプで全体の映像も出してもらえるとより楽しめるなぁ。

 

さて、ライブも一旦終了、幕がおりました。

いつものライブビューイングならば会場がアンコールコールをしている様子を映し出しているところですが、ありやスクリーンは違いました。

幕の後ろで、メイクを直してもらっている杏果を映し出していたのです。

なんてことでしょう、です。

アンコールの声がかかっている間って、ももクロのメンバーたちはどんな表情で過ごしているのか気になっていましたが、まさにそれを見ることができたというわけです。

ちなみに口紅を少し足してもらっていたぐらいでしたね。

本来ならば着替えもあるのでしょうが、今回はそれぐらいでした。

 

アンコールは一曲のみ。

終演で幕がおりた後、もう少しお待ちくださいのメッセージとともに、会場の観客が帰る様子が映しだされるのがいつものライブビューイングですが、違いましたね、ありやスクリーンは。

なんと、そのまま有安杏果を映し続けていたのです。

とういことで終演後の杏果やメンバーの様子も見ることができ、杏果推しだけではなく、ももクロ好きにはたまらないお宝映像満載のライブビューイングとなりましたよ。

 

正直、ももクロ運営の企画は最近しくじるようなことが多い気がしていたのですが、この企画は大成功。

ライブビューイングの新しい形を示したといってもいいと思います。

 

今後は思い切って、ライブ中の川上マネージャーだけを映すとか、古屋マネージャーだけを映すなんてのも見てみたい気がします。

ファミリーマートとももクロのコラボ・ジャンパー「もも黒ジャン」を買取

2015年11月03日
ももいろクローバーとコラボ

大胆なパフォーマンスで人気のアイドルグループ「ももいろクローバー」とファミリーマートが、「ファミリーマート×ももクロ CheerUp!!クリスマスキャンペーン」を開始しています。

応募方法と賞品

税込500円以上の買い物をすると、レシートに1口分の応募コードが出てくるので、これをキャンペーンサイトで入力することで、コード1つにつき1口として応募口数がたまり、必要口数をがたまったら、応募できます。抽選結果はその場で判明し、発表を待つ必要はありません。

賞 品は、ファミリーマートとももクロのコラボ・ジャンパー「もも黒ジャン」(5口で応募。100名)。落ち着いた色柄で、着こなしやすいデザインです。その ほか、限定「ももプリカ(500円×2枚)」(3口で応募。300名)、ブルーレイレコーダー「シャープAQUOSブルーレイ」(5口で応募。30名)、 ソニーのサイバーショット(3口で応募。100名)など豪華賞品が当たります。
 

こちらのキャンペーンの当選品、全国で100着しかないジャンパーを買取させて頂きました。

背中にはこんな感じの文字が入っています。

もも黒ジャン

もも黒ジャン

男祭り2015 大宰府政庁跡に行ってきました!

2015年11月02日

お久しぶりです。

紫がかった赤推しの店長です。

 

行ってきましたよ、大宰府政庁跡、男祭り2015。

 

今回着用のTシャツは氣志團万博2015で購入したもの。

背中に「オレ、ももクロしか 見えない」の文字。

考えたら、男祭りに行くのですから、当たり前ですよね。

 

ももクロTシャツ

 

博多の天神駅をお昼に西鉄電車に乗車。

 

西鉄電車のさわやかな色、阪急電車に並んで好きですね。

西鉄電車

 

都府楼前駅で下車。

 

歩いて大宰府政庁跡に向かいます。

 

ももクロ男祭り2015

 

まずは物販へ。

 

今回の物販は時間帯もあったのでしょうが、まったく行列などなく、売切もなしで購入することが可能。

最初にチェックシートを渡された、そこに必要な数を入れていくというシステムで間違いがなさそうで良かったです。

 

ももクロ男祭り2015

 

ももクロ以外にも3Bジュニアや、今回オープニングアクトをつとめるばってん少女隊のTシャツなども販売。

こちらはWEBでも買えるので、友人モノノフに頼まれたタオルなどを中心に購入しました。

 

購買の担当は地元のアルバイトの男の子たちという感じで、新鮮な感じでしたよ。

 

さて、物販も終わったら、今回はオールスタンディングということで、並んで順番を待ちます。

凄いのは9000人以上が最終的には一列に並んで入場するということ。

私は1150番代と比較的早い番号だったため、入場口の近くに並んでいたので良かったですが、5000番以降の人たちはかなり離れた学校に並ばされたようで、入場までかなり時間がかかっていました。

 

ももクロ男祭り2015

 

今回は整理番号が事前に発行されていますが、入場口でブロックが書かれたチケットが発券されます。

私はこれがDブロック。

 

ステージ

A B

C D

 

という感じですので、残念ながら、折角いい番号だったにも関わらず、後ろのブロック。

それでも私が入場した時はCとDを仕切る柵の真ん中ぐらいからが誰もいなかったのでその場所を取って、待機することにしました。

ステージまでは遠いですが、サブステージならばかなり近い。

ただサブステージと私の視線の間にはカメラマンがいてかなり遮られます。

 

まぁ、ここまでこれてこの位置で見えるだけで文句は言えませんね。

ライブは百田夏菜子のアカペラで開始。

音響が少しこもって聞こえることがありましたが、まぁ、仕方ないでしょう。

 

たっぷり3時間の最後はチャイマックスでしめ。

今回も楽しいライブでした。

 

それにしても寒かった。

着替えに持っていたTシャツを着てなんとか寒さをしのいでいました。

ももクロのメンバーは肩を出したような衣装も多く、踊っているとはいえ相当寒かったと思います。

トークで、手がかじかんで着替えがうまくできなかったとも言ってました。

 

博多に戻り、ひとりモツ鍋専門店に入ったら、隣が緑推しのモノノフさん。

思わず、今夜のライブやももクリ対策について盛り上がってしまいました。

博多モツ鍋

日本全国対応、査定無料、送料無料

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ
査定フォームはこちら